成田凌 「人生を変えてくれた」と語る3度目のブラックハッカー演じる 『スマホを落としただけなのに』最終章

2023.12.9 13:30

スマホを落としたことで、連続殺人鬼に命を狙われるヒロインを描いた北川景子主演のSNSミステリー映画『スマホを落としただけなのに(2018年)』。世界中で大ヒットを記録した“スマホ映画”シリーズの最新作『スマホを落としただけなのに~最終章~ファイナル ハッキング ゲーム』が、2024年秋に公開される。

本作の主演は、連続殺人鬼であり、天才的ブラックハッカーでもある“浦野”を演じた成田凌。浦野という自分の人生を変えてくれた役を3度も演じられる喜び。このシリーズを共に作ってきた方々と再会できる喜び。皆様と、1とも2とも違う新しい“スマホ映画”を一緒に作り上げることの喜び。そんなたくさんの喜びをかみ締めながら、毎日を過ごしていました」と、本作への思いを熱く語った成田。

ヒロインを演じるのは、期間限定の日韓合同アイドルグループとして絶大な人気を誇ったIZ*ONE(アイズワン)でリーダーを務めていたクォン・ウンビ。韓国での撮影も敢行された本作において、謎の黒髪美女“スミン”を演じて映画デビューを果たした。「初の演技の挑戦を映画ですることになって、楽しみでもあり心配でもあったんですが、多くの方の助けのおかげで撮影を無事に終えることができ、とても感謝しています」と心境をコメント。

さらに、前作で浦野を追い詰めた刑事“加賀谷”を演じた千葉雄大も、続投が決定。千葉は「またみなさんと再会できること、本当にうれしく思います。今回は成田くん演じる浦野が、今までと少し違う感じも見受けられる」と語る。また「浦野と僕が演じる加賀谷の関係性に悩んだ時、(監督に)恋してるんじゃない?と言われたのがなんとなくすっと落ちて現場に挑みました」と撮影の裏側を明かし、「そんな2人の動向も楽しみにしていただけたらと思います」と締めくくった。

【ストーリー】
長い黒髪の女性ばかりを狙った、連続殺人事件。
被害者は落としたスマホから個人情報を奪われ、家族や恋人だけでなく、最後は命まで
奪われてしまう。

ただ、スマホを落としただけなのに…。

人の心を操る天才的ブラックハッカーでもある連続殺人鬼の浦野(成田凌)は、
事件を追っていた刑事の加賀谷(千葉雄大)に一度は捕まったものの、
刑務所内からサイバー攻撃を計画して、警察内の混乱に乗じて姿を消してしまった。
浦野は、一体どこに?

平穏な日々が続く中、突如として日本政府に、大規模なサイバーテロ攻撃が再び仕掛けられる。発信元は、韓国・ソウル。これは浦野の仕業なのか?謎の黒髪美女・スミン(クォン・ウンビ)の正体は??今、日本と韓国を舞台にした、スマホを持つ者全てがターゲットの、ファイナル ハッキング ゲームがいま始まる。

写真提供:©2024「スマホを落としただけなのに最終章」製作委員会

     

関連記事

注目記事

新着記事

映画・舞台の記事一覧

カテゴリ一覧