アイナ・ジ・エンド、山里亮太との共通点は“〇〇愛” 最新曲『アイコトバ』テレビ初披露

2023.11.25 13:30

今年6月に、“楽器を持たないパンクバンド”として活動していた『BiSH』が解散し、ソロとして本格的に活動を始動した、歌手のアイナ・ジ・エンドが11月2日(木)日本テレビ系情報番組『DayDay.』(月~金/あさ9時~)のアーティストがスペシャルライブを行う『boom boom!』コーナーに初の生出演。MCの南海キャンディーズ・山里亮太と共通する“中野トーク”やアニメ『薬屋のひとりごと』のエンディングテーマで最新曲の『アイコトバ』をテレビ初生歌披露。entaxでは出演直後、彼女にインタビューを行った。

アイナ・ジ・エンドは、6人組“楽器を持たないパンクバンド”『BiSH』の元メンバー。2021年1st ALBUM『THE END』をリリースし、ソロ活動を本格化。2023年6月に東京ドームで約5万人を前に解散し、現在はソロ活動として活動中。唯一無二と言われる繊細な歌声で聴く人を魅了。現在公開中の映画『キリエのうた』では、偶然アイナの歌声を聴いた映画監督の岩井俊二が「この人で映画を撮りたい」と熱烈オファーし実現、主演に抜てきされた。さらに、アイナの歌声は音楽業界でも注目している人が多く、世界的ギタリストの布袋寅泰や、東京スカパラダイスオーケストラなど、数々の大物アーティストからオファーが相次ぎ、コラボしている。

上白石萌音、アイナ・ジ・エンド

この日は、俳優でアーティストでもある上白石萌音も出演し、『boom boom!』コーナーでは初となる、豪華アーティスト2組の登場に大きな拍手が起こり、山里は「全然タイプの違う歌姫が同時に2人もってぜいたくな朝。ドキドキしてます」と気持ちが高まっている様子。アイナと上白石は初共演となった。

山里が「BiSHを解散して4か月。どうですか?」と聞くと、アイナは「やっと1人で歩いたりしゃべったりするのにちょっと慣れてきた感じで。(いつもメンバーが一緒だったから)甘えて生きてきたので。ちょっとだけ楽しくなってきました」とソロ活動について笑顔で答えた。

BiSH解散後、歌やダンスをブラッシュアップさせるため、アメリカに短期留学していたと話すアイナは「ダンスのレッスンが一番楽しくて、みんなぶち上がってて“ヘタでもいいやん!”みたいな(笑)」と振り返りながら「自分がヘタでもそれがその人の精一杯だったら最高にイケてるって思えるようになりました」と留学で学んだことを明かした。

アイナ・ジ・エンドと山里亮太の共通点は…“中野愛”

そして、アイナが山里とやりたいこと“中野について語り合いたい”とトーク企画へ。上京後14年間、東中野に住んでいた山里にアイナは「私も上京してからずっと中野に住んでたんです」と告白。アイナは「どの辺に住んでましたか?」と直球な質問に山里は「東中野の駅前のマンションなんだけど……。線路沿いの」と答えつつ「東中野行ってました?」とアイナに逆質問。アイナは「行ってました、青い色の電車ですよね」とまだまだ“中野トーク”で盛り上がろうとしている2人に、木曜メンバーのサバンナ・高橋茂雄が「トーク(の幅)が狭いわ」と突っ込み、笑いが起こった。

アイナ・ジ・エンド、山里亮太

山里は「確かに。上白石さんも僕たちの会話なんのこっちゃですよね(笑)」と聞くと、上白石は「私も住んでました…(東京で)最初に住んだ町です」とまさかの“中野つながり”が発覚し、スタジオ全員「えー!」と驚きの声が上がった。

アイナは山里に「中野では“若旦那”と呼ばれていたそうですが…」と不思議そうに質問。山里は恥ずかしそうに「中野のキャバクラ街に行きまくってる時期があって、ついには呼び込みの店員さんに“若旦那”って呼ばれるようになって…」と中野時代のエピソードを明かし、笑いが起こった。

他にも、駅前のおやき屋や立ち食いそば屋の話しでお互い“中野愛”を語り、“中野トーク”を膨らませすぎた山里は「こんなことよりも、アイナさんの曲への気持ちとか聞いた方が良いと思います」と深く頭を下げ、笑いを誘った。

最新曲『アイコトバ』テレビ初生歌披露

今回披露する最新曲『アイコトバ』は、放送中のアニメ『薬屋のひとりごと』のエンディングテーマで、卒業へと向かう葛藤や成長を描いた楽曲となっている。

©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

アイナは歌唱準備に入ると、1人の世界に入ったように表情が一変。体を動かしながら呼吸を整え、一気に“アーティスト”の雰囲気に包まれ、最新曲『アイコトバ』をテレビ初生歌披露した。

生歌披露を終えると、アイナの独特かつ繊細な歌声にスタジオは拍手に包まれた。山里は「みんなのリアクションが…すごいものを見ると唸る(うなる)んですね」と歌声に心をつかまれたと絶賛。上白石も圧倒された表情で「勉強になりました。すごい…この空間がアイナさんの声で埋まっていく感じが、酔いしれました」と笑顔で称賛した。

アイナは「今日初めて人前でこの歌を歌ったんですよ。手が震えそうだったんですけど、中野のトークでほぐれました」と笑顔でコメントし笑いが起こった。

最後にアイナは視聴者に「『アイコトバ』をリリースしました。『薬屋のひとりごと』のエンディングテーマになっています。アニメと一緒に楽しんで欲しいです。1月10日にワンライブもします。良かったら会いたいです」とメッセージを送った。

生出演直後、entaxがアイナ・ジ・エンドに独自インタビュー

――初出演となった『DayDay.』はいかがでしたか?

BiSHっていうグループにいて、ソロとしてはまだ駆け出しで。出始めて間もない時に『DayDay.』にお世話になって、これから精進していくので、また帰って来たいな、成長した姿を見せたいなと思いました。

武田真一、アイナ・ジ・エンド、上白石萌音、山里亮太、黒田みゆ

――山里さんと上白石さんと“中野愛”で盛り上がりましたが、今ハマっている“〇〇愛”はありますか?

最近は“オカリナ愛”…オカリナです(笑)。ネットで初心者用のオカリナを買ったんですけど、最近好きになり始めたって感じですね。

――独学ですか?

そうですね。習ったりできるのかな?習ってみたいです。

――ファンの方へメッセージをお願いします。

妹さん(上白石萌歌)には1回ラジオでお会いしたことがあったんですけど、今日上白石さんにお会いして、ずーっと舞台とか映画とかでしか見たことがなかったんですけど、本当に心まで透明なんだなって思いました。

【リリース情報】
最新曲『アイコトバ』配信中
詳細はこちら

【ライブ情報】
BiSH解散後初のワンマンライブ”BACK TO THE (END) SHOW”
2024年1月10日(水)東京 LINE CUBE SHIBUYA
詳細はこちら

【アニメ『薬屋のひとりごと』】
毎週土曜日24:55より日本テレビ系にて全国放送中!
※放送日時は予告なく変更になる場合がございます。
※地域で放送時間・日時が異なります。詳細は各局番組表をご確認ください。
詳細はこちら

写真:©entax

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧