髙嶋政宏 ターニングポイントとなった場所“京都”で美食家の髙嶋が食べまくり&『極妻』撮影の秘話も告白

2023.11.11 06:00

11月11日よる11時から放送の日本テレビ『Google Pixel presents ANOTHER SKY (アナザースカイ)』のゲストは俳優の髙嶋政宏。芸歴37年の髙嶋が、俳優として最初にターニングポイントとなった場所“京都”を訪れ、足跡をたどる。

「いや〜着きましたね。なんかやっぱり、ピリッとするんだよな」と声を上げた髙嶋のアナザースカイは“京都”。人生で最も濃厚な日々を過ごした街で、美食家の髙嶋が「京都に来たら絶対に行くお店なんです」と笑顔で向かったのは、行きつけのそば店。「皆さんの持っているそばの概念からは真逆の、それを覆すお店」と解説し、「これ食べてからこのおそばの夢ばっかり見る」と打ち明けた一品に、MCの今田耕司も「めちゃくちゃおいしそう!」と大興奮。

数ある京都の行きつけ2軒目は、美食家の間では名の知れた“大人の洋食”が楽しめる名店。「洋食屋なんですけど、おばんざい的なメニューがたくさんあって」とうれしそうに話す髙嶋は、一品一品をじっくり堪能。魚料理から肉料理まで存分に楽しみ、「もう最高です」とその味に酔いしれる。

そして髙嶋は、俳優人生の原点となった場所『東映京都撮影所』へ。熟練の裏方さんにたたきのめされ、俳優としてのスキルを試された思い出深い場所を歩き、“何度来ても背筋が伸びる”と当時の記憶がよみがえった髙嶋。初めてこの場所を訪れた思い入れのある作品、映画『新 極道の妻たち』の撮影秘話と苦労を明かし、大好きだった撮影所の食堂のうどんをすする。

さらに、祇園・花見小路を訪れ、大切な京都の恩師との再会に、満面の笑みを見せた髙嶋。「あらゆることを教えていただいた」と打ち明け、お茶屋で箱ずしを頬張りながら、思い出話に花を咲かせる。そして、21歳で飛び込んだ俳優の世界を振り返り、もう一段上げてくれた京都への思いを告白。「つくづく現場が好き、撮影の現場が」と打ち明け、58歳の髙嶋が現代を生きる若者たちへメッセージを送る。

髙嶋の魅力が詰まった『アナザースカイ』は、日本テレビ系にて今夜11時から放送。

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧