『セクシー田中さん』地味なOLが夜は…第1話放送後、木南晴夏の妖艶なベリーダンスに大反響

2023.10.24 15:30

10月22日に日本テレビ系日曜ドラマ『セクシー田中さん』の第1話が放送された。仕事は完璧だが、地味な経理部のアラフォーOL・田中京子(木南晴夏)は、これまで恋人や友達ができたことがなく、社内でも変人扱いされている存在。一方、彼女の同僚で派遣OLの倉橋朱里(生見愛瑠)は、一見、愛され系女子だが“若くて可愛い”ことにしか自分の市場価値はないと焦りを感じ合コンに明け暮れる日々。虚しさと生きづらさを感じながら日々過ごしていた朱里であったが、社内では浮いた存在の田中さんの不思議な雰囲気が気になっていた。

(以下、ネタバレを含みます)

合コンに参加した朱里は、商社マンの笙野浩介(毎熊克哉)から「遊んでる」とレッテルを貼られ、大学時代の友人・仲原進吾(THE RAMPAGE・川村壱馬)からは、“友達”という言葉を盾に家を宿代わりに都合よく利用されてしまう始末。

そんなある時、朱里が立ち寄ったペルシャ料理店では、ベリーダンスのショーが開演。その出演者・Saliの妖艶な踊りっぷりに朱里は惹(ひ)かれてしまう。

ある日、Saliの正体に気づいた朱里が「Saliさんですよね。田中さん!」と問いかけると、「お願いだから誰にも言わないで!」と認めつつも恥ずかしいから内緒にしてほしいと田中さんは懇願。朱里も内緒にすると誓い「めっちゃキレイでかっこいいです!」と伝えた。

この日も“友達”の進吾から泊めてほしいという連絡が来たが、返信することはなくベリーダンスショーを堪能した。後日、進吾から「なんで既読無視するの?」と問われるも、朱里は「昔は友達だったけど、今は友達じゃないと思う」と本音を打ち明けた。3年前に体の関係を持った時から進吾とは、お互いに尊敬の念がない関係であるとキッパリと伝えた。

ある時、朱里はショーの出番を終えた田中さんの後を追い、その生き様に惹かれていることを伝えた。ただ、田中さんは若くて可愛い朱里が羨ましいと告げると、自身は子供の頃から下を向いて勉強に励むしかなかったことを語った。その上で「ベリーダンスが魔法をかけてくれたんです」と転機を朱里に打ち明けると、朱里もまた「田中さんのおかげでずっと言えなかったこと言えたんです」と笑顔で返した。田中さんの虜となった朱里は自分も少し枠を越えてみようと心に決めた。

SNS上では、「何か夢中になれるのある人羨ましい」、「田中さんの見た目とのギャップにやられる!」「Saliさんのダンス素敵です!」「ダンスしなやかでエキゾチックで美しくて見惚(みと)れた」といった投稿が多く見られた。その他、「日曜の夜に見るのにちょうどいいドラマだな〜」、「これ、勇気をもらえるドラマだ」と元気付けられた視聴者も。

次回第2話で、朱里がベリーダンスのレッスンを開始。ただ、田中さんのように踊るまでの道のりは遠そうで…また、ベリーダンスのショーを見た笙野は、Saliが田中さんと気づくと「おばさん」「痛々しい」と無神経な言葉を投げつける。朱里はそんな笙野への復讐(ふくしゅう)を誓うのであった。そして、朱里は田中さんの秘めた思いに気づいてしまう。

日本テレビ系日曜ドラマ『セクシー田中さん』
第2話は10月29日(日)よる10時半から放送

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新〜過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories