『セクシー田中さん』今夜スタート! 隠された“裏の顔”が明かされる

2023.10.22 07:00

ついに今夜10月22日にスタートする新日曜ドラマ『セクシー田中さん』。GP帯連続ドラマ初主演となる木南晴夏、ネクストブレイク女優の呼び声も高い生見愛瑠をはじめとする豪華キャスト陣がおくる〝9笑って、1泣ける″ラブコメディーのスタート。

【第1話 あらすじ】
田中京子(木南晴夏)は、仕事は完璧だが地味なアラフォーOL。友達も恋人もできたことのない彼女は、社内では変人扱いされる浮いた存在だ。しかし彼女の同僚の派遣OL・倉橋朱里(生見愛瑠)は、田中さんの雰囲気がどこか変わったことが妙に気になっていた。

朱里(生見愛瑠・左)と田中さん(木南晴夏・右)

若くて可愛いことにしか自分の市場価値はないと焦り、そこから抜け出すこともできずに、合コンに明け暮れる朱里。“普通の幸せ”を手に入れるために頑張っているだけなのに、合コンで出会った商社マンの笙野浩介(毎熊克哉)から「絶対遊んでる」とレッテルを張られ、大学時代の友人・仲原進吾(川村壱馬)からは「友達」という言葉を盾に便利に扱われる始末だ。このままでいいのかと悩む朱里だったが、“可愛い自分”に価値を見出してくれるチャラリーマン・小西(前田公輝)の誘いにも心が揺れ…。

昭和な価値観を持つ笙野(毎熊克哉・左)と同僚のチャラリーマン・小西(前田公輝・右)

朱里とは訳ありな関係の友人・進吾(川村壱馬・右)

そんなある日、モヤモヤした思いを抱えたまま立ち寄ったペルシャンレストランで、朱里はエキゾチックなベリーダンサー・Saliに一目ぼれ。しかし、Saliの正体は、田中さんで…!
自分の正体が朱里にバレたのではないかと焦る田中さん。2人の運命が大きく動き始める。

原作は、芦原妃名子の大人気マンガ『セクシー田中さん』(小学館「姉系プチコミック」連載中)。第9回ananマンガ大賞を受賞、発行部数100万部を誇る話題作のドラマ化となる。
また脚本は、昨年の連続ドラマ、今年9月公開の映画『ミステリと言う勿れ』の脚本家・相沢友子が手掛ける。

新日曜ドラマ『セクシー田中さん』
毎週日曜よる10時30分より日本テレビ系にて放送

©︎芦原妃名子/小学館/NTV
写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories