BE:FIRST “父も『刃牙』読んでた” 思い出深い親子エピソードを語る

2023.9.1 09:00

秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載中の大人気格闘漫画『刃牙』シリーズ。
そのアニメ最新作であり、8月24日よりNetflixにて世界全話独占配信が開始された<地上最強の親子喧嘩編>でエンディング主題歌を担当している『BE:FIRST』からコメントが到着した。

―地上最強の親子喧嘩編のエンディング主題歌を担当していますが、何か思い出深い“親子”のエピソードがあればお教えください。

SOTA:学生時代、母を家でも先生呼びするほど、ピリピリしてました。
SHUNTO:思い出深いかどうかわからないですが、自分が『範馬刃牙』にハマって「刃牙見てるから強くなった」と言ったら、めちゃくちゃ笑われて。父親も刃牙を読んでたみたいで、そのあと「刃牙のあいつやばくない?」って語り合っていました。今回のエンディングテーマが決まった時も自分のことのように喜んでくれました。
MANATO:自転車に乗る練習を一緒にしてました。補助輪を外す際に、父親に「絶対にはなすなよ!」と言って最初は順調だったのですが、途中で父親がはなしたことに気付いて不安になりぶっ転びました。
RYUHEI:毎年夏になると、家族全員でプールに行くんですけど、プール(施設)の中にお化け屋敷みたいなのがあって、お父さんに全部行かせて自分はめっちゃビビってました(笑)。
JUNON:高校生の時ぐらいまで特に親がきびしくて、よく泣かされてました(笑)。
RYOKI:海外で母親の通訳を永遠にしてました。このコンセントは日本でも対応可か?とか…。
LEO:自分自身も親父の背中というのは大きくて。人としても親父が1つの憧れでもあったので親子という関係は少しだけですが(刃牙たちと)似てるところがあります。

―Netflixでの配信をご覧の皆さまへ、そしてTVでの放送を楽しみにお待ちいただいている皆さまへ、メッセージをいただければと思います。

SOTA:アニメの盛り上がりを深められるように、作った楽曲も含め全力で楽しんでいただきたいです。
SHUNTO:自分自身も漫画で一番盛り上がっていたところなので、エンディングテーマとして携わることが出来てすごくうれしいです。アニメと一緒に、あわせて楽しんでもらえたらうれしいです。
MANATO:実は僕もアニメ、漫画好きで『刃牙』を見ていました。このような機会は初めてでびっくりしたのと同時にうれしかったです。ぜひ、僕たちの曲と素敵なアニメをお楽しみください。
RYUHEI:元から僕たちのことを知っていてくれた方も、今回の『範馬刃牙』をきっかけに『BE:FIRST』を知ってくださった方も、ストーリー・曲どちらも楽しみにしていてください。
JUNON:アニメ『範馬刃牙』2期を楽しみにしている皆さま、ぜひエンディングテーマの『Salvia』もあわせて世界観に潜り込んでもらえたらうれしいです。
RYOKI:『刃牙』を見て、筋トレモチベ上げて、楽しんで健康に生きましょう。
LEO:いつ見ても最高の作品が見れるということで、僕自身もすごく楽しみですし、それに携われたことをうれしく思います。僕も『範馬刃牙』ファンとして作品を楽しみにしながら日々を過ごそうと思いますので、一緒にドキドキして待ちましょう。

©板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会

     

関連記事

注目記事

新着記事

アニメ・コミックの記事一覧

カテゴリ一覧