山崎育三郎「もう震えちゃって、声が」憧れのイチロー選手引退試合での国家独唱 実はイチかバチかだった

2023.6.22 08:00

俳優の山崎育三郎が21日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!2時間SP』に出演。山崎が憧れ続けたスーパースター・イチロー選手との奇跡の出会い、日米国歌独唱でのエピソードを明かし、スタジオを盛り上げた。

スタジオで“奇跡の出会い”をテーマにトークが繰り広げられると、山崎は「小学校6年間野球をやってまして。自分の時代はやっぱりスーパースターといえば、イチロー選手。イチローさんが大好きで」と、話し始め、「そのイチロー選手の現役最後の引退の時、国歌独唱をやらせてもらったんですよ。東京ドームで。メジャーリーグの開幕シリーズで」と、当時を思い起こし興奮気味に告白すると、スタジオからは驚きの声が上がった。

続けて、「自分が歌っている時に、東京ドームのスクリーンに、イチローさんのアップが映るわけですよ。もう震えちゃって、声が」と、憧れのイチロー選手の存在を間近に感じた瞬間を明かし、「しかもその時、日本国歌だけじゃなくてアメリカ国歌も歌わせてもらって。センターフィールドにアメリカの交響楽団がいて、僕はホームベースにいたんですけど、かなり距離があるんですよ。その指揮者の人のこれ(手振りによる合図)に合わせて入る。これがもう、本当震えて」と、かなり難易度の高い環境での歌唱になったことを振り返った。

「日本国歌を歌った後に、“どの音から始まるんだっけ?”みたいな。音をもらってスタートできないから、もうイチかバチかで。点に見える指揮者の手を見ながら、“Oh, say can you”って入ったんですけど、バシッと決まったんですけど」と、アメリカ国歌の入りが一発勝負だったときの緊張が最高潮の瞬間だったことを回顧。その貴重な体験に「そこで歌えたっていうのが奇跡ですね、自分にとっては」と、感慨深い様子で胸の内を明かし、トークを締めくくった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ 

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧