『だが、情熱はある』最終回は伝説の解散ライブ SNSは「好きすぎてロスが怖い」の声が続出

2023.6.19 18:00

日本テレビ系日曜ドラマ『だが、情熱はある』の第11話が6月18日に放送。次回の最終回を前に、SNSでは早くも“だが情ロス”の声が上がっている。

先週放送の11話では、若林(髙橋海人)が雑誌でエッセイの連載を始めた。自分を見つめ直す絶好の機会と捉えて執筆に精を出すが、その直後、大好きな祖母・鈴代(白石加代子)が亡くなってしまう。さらに、以前はぶつかることが多かった父・徳義(光石研)、ナイスミドル時代からオードリーをそばで支えてくれた“タニショーさん”こと谷勝太(藤井隆)も急死。別れの場面が続き、涙なしでは見られない感動回となった。

そして、今週最終話を迎える『だが、情熱はある』。

ツイートのなかには、「来週で最終回だし、もうロスが怖くて仕方ない」、「好きすぎてだが情ロスが怖い。。。」などの声のほか、「来週で最終回だなんてもう既にロスなのに、はやく次が見たいって強く思う」という、最終話への期待の投稿も。

そんな『だが情熱がある』の最終話の予告には、今まで若林パートで多かった“本人登場”が、ついに山里パートに! 『DayDay.』のシーンで武田真一の姿が映ると、山里本人がツイッターで「ん? 一瞬だが我が陣営にも本人が!」と反応した。

6月25日(日)放送の最終話では、『たりないふたり』が、12年にわたる活動の集大成となる解散ライブの日を迎える。

コロナウイルスの影響の下、無観客でのネット配信にもかかわらずチケットは54000枚が売れ、2人を引き合わせたプロデューサー・島(薬師丸ひろ子)も「東京ドームで漫才やるようなもんだよ」と感慨もひとしお。

ヒップホップユニット『クリー・ピーナッツ』のL田雲(賀屋壮也・左)とDJ杉内(加賀翔・右)

その頃、ヒップホップユニット『クリー・ピーナッツ』のDJ杉内(加賀翔)とL田雲(賀屋壮也)は、ライブにサプライズ出演するため劇場入り。若林と山里をリスペクトし過ぎて、面識もないのに『たりないふたり』の歌を作って勝手にCDをリリースしてしまったのは、2016年のことだ。

一方、若林に誘われて芸人になった春日(戸塚純貴)はどこかのカフェで、山里(森本慎太郎)に見いだされてコンビを組んだしずちゃん(富田望生)はテレビ局の楽屋で、運命の解散ライブを見届けようとしていた。

そんな、誰かの人生を確実に動かしてきた若林と山里。 ついに無観客解散ライブがスタートし、もがき続けた男と男が互いの底の底をさらけ出す!

カメラの向こうで約5万人が熱狂した、あの伝説のライブの真実! そしてライブの後、2人だけに見えた景色とは!? 笑いと涙の青春サバイバルストーリーが完結する。

日曜ドラマ『だが、情熱はある』第12話は、6月25日(日)よる10時30分から放送。

【TVer】第1話~第3話+最新話を無料配信中
【Hulu】最新~過去話配信中

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧