弁護士芸人・こたけ正義感が賞金300万円獲得!「来月2人目が生まれるので”出産・育児“費用に使いたい」

2023.6.16 19:56

現役の弁護士芸人・こたけ正義感が“出産・育児”費用を手に入れるため、6月16日放送の『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』に挑戦。そして番組史上21組目の全問正解を達成し、賞金300万円を獲得した。

今年のR-1グランプリファイナリストのこたけ正義感。これまでおよそ700件もの案件を担当してきた現役弁護士の芸人でもある。弁護士ということでお金があるのかと思いきや、芸人として力をつけるため、月に20本以上ライブに出演。その分、弁護士の仕事は抑えることになり、給料は下がる一方…。しかし今、お金がどうしても必要。その理由は「7月に2人目が生まれます」と語る。常に芸人としての活動を応援してくれている奥さんをはじめ、家族のためにも絶対に賞金を持ち帰りたい。現役弁護士芸人・こたけ正義感の真剣な戦いが始まった。

すると、さすがは現役弁護士。6問目まで助っ人小学生の救済ルーレットは使ったものの危なげなく突破。しかし7問目「人間を刺す蚊は全て雌(メス)である。イエスかノーか?」という問題に苦しむ。ただ、ここで救済は減らしたくない。そこで「産卵前にエネルギーを蓄えるため雌が血を吸う」というぼんやりとした知識を頼りに自力で「イエス」で勝負し、 正解。続く8問目に救済『指名カンニング』を使い、9問目は自力で乗り切ったことで、 10問目に救済『全員オープン』を残すという理想的な展開となった。

その10問目「日本人が一番多く住んでいる国は、韓国、中国、アメリカのうちどこでしょう?日本国籍を持ち、3か月以上の滞在者が対象」という三択問題。アメリカか中国、と予想を立てて『全員オープン』を使うと、小学生の意見もアメリカと中国で3対2と真っ二つに分かれ、自分で推理するしかなくなってしまった。そこで「語学留学をする場合に英語圏に行く人のほうが多い。留学だとアメリカ」と推理して勝負。見事10問目を自力で突破し300万円の問題に挑戦できる権利を得た。

このまま100万円を持ってドロップアウトも出来るが、こたけ正義感は「奥さんとも約束したんで、300万円に挑戦します」と最終問題に挑むことに。その300万円がかかった問題は「次のうち1000年以上前から存在した世界遺産を全て選びなさい。A:フランスのエッフェル塔、B:インドのタージ・マハル、 C:日本の大仙陵古墳、D:ギリシャのパルテノン神殿、E:ペルーのマチュ・ピチュ」というもの。1つでも間違えると不正解となる。ここで、こたけ正義感は「1000年以上前っていうと1023年なんで、鎌倉時代より前ですよね。平安時代ぐらい」と時代背景から考え、「古墳は、当然これは1000年以上前にあった。パルテノン神殿も古い」「平安時代で和歌を詠んでるときにエッフェル塔はないですね、あんな高度な建築が出来たと思えない」と3つは即答したが、タージ・マハルとマチュ・ピチュチュで悩む。「マチュ・ピチュも遺跡っていうぐらいなんで、当然古いと思う」と一度は『○』にしたものの「いや、実は1000年よりは新しいのかな。マチュ・ピチュが新しかったりするのかな」と迷いに迷い『✕』に変更。タージ・マハルには行ったことがあるが「なんの知識も得ずに帰ってきた」と言いながら「お妃のお墓として造ったみたいな…。すごい技術ですけどね、全部、大理石で出来ているんです」と知識を絞り出し『✕』と判断。

1000年以上前にあったのは「C:日本の大仙陵古墳、D:ギリシャのパルテノン神殿」の2つと推理し、これが見事正解で全問正解、300万円獲得が決定!こたけ正義感からは歓喜のガッツポーズが飛び出した!

全問正解者が出たのは昨年12月のふくらP以来6か月ぶりで、MCの劇団ひとりは「見事!出ました300万!番組としても久々ですね」と絶賛。MCの佐藤隆太も「この5年生たちは、みんな初めて目の前で出た300万円です」と小学生たちとともに喜びを分かち合った。改めて賞金の使い道を聞かれたこたけ正義感は「いや、本当に7月に子どもが生まれるんで、出産費用と育児の費用に充てたいと思います」と話し、芸人としての夢を応援してくれる家族への素晴らしいプレゼントとなった。

写真提供:(C)日テレ

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧