ムロツヨシの人情に涙も 『ドラフトキング』にSNSでは“誰だって一人で打席立ってんだよ”に感動の声

2023.5.7 13:30

人気コミックをムロツヨシ主演で完全映像化! 未来のスター選手獲得に奮闘するプロ球団の剛腕スカウトを主人公に、スポーツの裏側の熾烈な争いと濃厚な人間ドラマを描く『ドラフトキング』の第5話『1億円の男①』が5月6日放送された。

GWのSNS上では、「帰省した息子と3人で見てみた。面白かったらしく、普段ドラマを見ない次男も集中して見てた」「“誰だって一人で打席立ってんだよ”って郷原の言葉や、“苦しい時、誰かを頼ろうとするやつは脱落していく世界なんだよ! ”って飯塚さんの言葉。楽しく見てるプロ野球、選手のみなさんそれぞれの今までや今現在の努力で楽しませてもらってるんよねーと思った」「30分あっという間だった。野球全然詳しくないけど、現実もこんな感じなのかな?」など、たくさんの感想が寄せられた。

5話では、ドラフト1位指名で入団した横浜ベイゴールズの投手・真田丸(中山翔貴)がスランプに陥った。2軍ヘッドコーチの宗野(高橋努)もため息を漏らし、見兼ねた郷原(ムロツヨシ)は「キャンプインまでに真田丸を元の姿に戻せ」と神木(宮沢氷魚)に無理難題を突き付ける。そんな中、神木は毒島(伊武雅刀)の口車に乗せられて、担当エリアではない大阪に向かいワナにはまってしまう。時を同じくして、郷原も期待の中学生投手・北畠(木戸大聖)に会うために大阪へ。将来のドラフトキングとの絆を深めた。

翻弄される宮沢氷魚 投手・真田丸の輝きを取り戻せるのか?

そして、5月13日(土)よる10時から放送の第6話『1億円の男②』では、真田丸が寮を抜け出した上に事故に遭ったと聞き、病院に駆け付ける神木。真田丸の担当スカウトは飯塚(平山祐介)だったが、入団してからはほとんど面倒を見ていなかった。神木は飯塚に怒りをぶつけるが、飯塚は「スカウトは取るまでが仕事だ」とまるで取り合わない。その後、大津(上地雄輔)からアドバイスをもらい、神木は真田丸のもとに足しげく通い始めるが……。果たして神木は、真田丸の輝きを取り戻すことができるのか?

『ドラフトキング』
毎週土曜日よる10時からWOWOWにて放送
*WOWOWオンデマンドも配信

©クロマツテツロウ/集英社  ©WOWOW

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧