坂口健太郎の意外な一面を共演者が驚きとともに証言「バッキバキですよ!」

2023.4.12 05:00

俳優の坂口健太郎がこのほど、神奈川・生田スタジオで行われた日本テレビ系土曜ドラマ『Dr.チョコレート』(4月22日スタート)の制作発表記者会見に、共演の白山乃愛、西野七瀬、葵わかな、鈴木紗理奈、前田旺志郎、古川雄大、小澤征悦、斉藤由貴とともに出席。共演者の“証言”によって、坂口の意外な一面が明らかになった。

利き腕を失った元医者の“Teacher”こと野田哲也(坂口)と、10歳の天才少女“Dr.チョコレート”こと寺島唯(白山)がタッグを組み、“ワケあり患者”の命を救うノンストップ・ドクター・エンターテインメント。哲也は、唯の両親と自分の利き腕を奪った2年前の事件の真相を追うために、唯と一緒に世間から隠れるように暮らしながら闇の医療行為をしている、というストーリー。

“Teacher”こと野田哲也役の坂口健太郎

主演の坂口は「医療モノという側面を持ちながらも、僕と白山さんとのバディ感もあるし、チーム医療というところもあって、ここに西野さんが演じる新聞記者・奥泉渚のサスペンス的な要素が入っていて、いろんな要素がふんだんに盛り込まれている作品。10歳の天才外科医がオペをするシーンは毎話、登場してくるんですけど、そこは目を見張るような手術の冴え(さえ)だったりとか、そこに付随してくるみんなのチームワークだったりとか、たくさん見どころのあるドラマになっています」と作品を紹介した。

“Teacher”、“Dr.チョコレート”とチームを組むのが医療スペシャリスト集団“チョコレート・カンパニー”で、メンバーは個性派ぞろい。手術に必要な道具を即興で作って急場をしのぐことができる臨床工学技士・ギルベルト役を葵が、たとえ手術室が停電になっても執刀の指示ができるほどの瞬間記憶ができるオペ看護師・足湯役を鈴木が、売れない若手芸人の放射線技師・お笑い役を前田が、どんな時でも困っている人を助けてしまうイケメン臨床検査技師・出川役を古川が、ギャンブル三昧の麻酔科医・残高役を小澤が、もともとは大病院で活躍していた優秀なオペ看護師のうなぎ役を斉藤が演じる。

8人は撮影を通じてすっかり意気投合
(後列左から前田旺志郎、葵わかな、古川雄大、鈴木紗理奈、前列左から斉藤由貴、白山乃愛、坂口健太郎、西野七瀬、小澤征悦)

すでに出演者は、すっかり打ち解けている様子。もともと兄弟漫才コンビ『まえだまえだ』のメンバーとして活躍していた前田が冒頭、「今回、漫才をするシーンがあって、その監修にオジンオズボーンの篠宮(暁)さんが入れられていて。僕は小学生のころ、漫才をやっていたんですけど、その時によくご一緒していろいろお世話になった方でもあったので、今回、漫才のネタを書いてもらって、教えてもらって、それを披露するのは、すごく僕にとって感慨深いこと。せっかく書いてくれたネタが無駄にならないように大事に漫才をしたいなと思っております」と漫才師のようなあいさつをすると、「本気(のあいさつ)?」(坂口)などと周囲が笑いながらツッコミを入れるコントのような展開に。

前田はあわてて「あんまり考えずにしゃべっていたら、漫才の会見みたいになってしまった。すいません。みんなで楽しく撮影している風景が、皆さんにもドラマを通して伝わればいいなと思っておりますので、がんばります」と言い直すなど、チームワークの良さをうかがわせた。

鈴木は坂口の意外な一面を発見したそうで、「坂口さんってスリムな印象があるじゃないですか。私もそう思っていたんですけど、どうやら脱いだら本当にすごいらしくて。着替えているところを前田が見かけたらしくて…」とハイテンションでエピソードトークを展開。

前田が話を引き取って「もうスッゴイですよ。ムッキムキです。バッキバキ。中のインナーが(はちきれそうで)危なかった」と証言すると、鈴木は「やっぱり手術シーンが長いと、みんな疲れてくるんですが、私ももう年なので、本当に元気がなくなってきちゃう時は“ごめん、坂口くん。ちょっとだけ胸筋を…”って触らせてもらったらすごく元気が出る。それでかんばっております。ありがとうございます」と明かした。

そんな坂口の腕に白山が現場でぶら下がったりして遊んでいるそうで、この日も坂口が腕につかまる白山を上下に動かす形で“実演”し、会見を盛り上げた。

主演の坂口健太郎(左)と新聞記者役の西野七瀬(右)

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧