『だが、情熱はある』T字路sが音楽担当「愛と情熱を満タンに制作しました」

2023.4.5 10:00

4月9日(日)よる10時30分にスタートする、オードリー・若林正恭と南海キャンディーズ・山里亮太の2人の半生を描く、実話に基づいた日本テレビ系の新日曜ドラマ『だが、情熱はある』。このドラマの音楽を『T字路s』が担当することが発表された。

T字路sは、伊東妙子(Gt,Vo)、篠田智仁(Ba/COOL WISE MAN)によるギターヴォーカル、ベースのデュオ。2人が織りなす音楽はブルースやフォーク、ロックンロールを飲み込みつつ、ジャンルの壁を越えるものであり、人生における激情や悲喜交々を人間臭く表現した楽曲がファンの心をわしづかみにしている。昨年は映画『メタモルフォーゼの縁側』(主演:芦田愛菜 宮本信子)の音楽を担当し話題になるなど、幅広く支持される活動を続けている。 

<T字路sコメント>
『だが、情熱はある』、私たちもそうです。時にぶざまにジタバタしながら。今回の音楽担当のご指名、心よりうれしく、主人公ふたりの奮闘をちょっぴり自分と重ねながら、愛と情熱を満タンに制作しました。物語を広げ深めるひとつの要素になれたらと願っています。

<あらすじ>
若林と山里はそれぞれ10代の頃からお笑い芸人を目指すも、なかなか日の目を見ず不遇の時代を過ごす。しかし努力の末、「M-1」準優勝となりブレイク。
オードリー、南海キャンディーズは誰もが知る人気お笑いコンビとなるのだが、若林、山里、ふたりともに売れたことによる周囲の変化や「仕事」への疑問、ネガティブな思い。「相方の方ばかり売れていく」「じゃない方」といった嫉妬や妬み。そんな負の感情の中でもがいていた。
そんな折、ふたりは出会うことになる。そしてお互いを知るうちに「負の感情を笑いにしよう」と、それぞれのコンプレックスを生かした漫才やコントを披露するユニット「たりないふたり」を結成。活動を始めた。コロナウィルスが世界をむしばむ中、運命の「解散無観客ライブ」の日がやってくる。そこでふたりが見た景色とは。

『だが、情熱はある』
2023年4月9日より 毎週日曜よる10時30分から日本テレビ系にて放送

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧