町田啓太“マザコン”役に共感? 「母をリスペクトしている」お母さんからのメッセージ動画も!

2023.4.1 20:00

俳優の町田啓太が31日、有楽町朝日ホールで行われた『連続ドラマW フィクサー Season1』(4月23日からスタート)の完成披露イベントに出席。

政界、財界、法曹界など、どこの世界にも必ず裏や闇がある。金とそれに群がる人間たちの悲喜劇とその裏で暗躍する“フィクサー”の活躍を描くこの作品は、Season3にわたる大型オリジナルドラマシリーズ。主演の唐沢が“フィクサー”役、町田は大手新聞社政治部の記者役で、真実を追い求める実直な男を演じている。

新聞記者役を演じるのが初めてだという町田は「新聞社に勤めている人に話を聞き、政治部はもの凄い競争で“我先に、我先に”という社会の中で生きている人間だと思った時に、すごく前のめりな人物だと思ったので、その性格の部分は大切に演じられたらと思っている」と話した。また自身の役柄について「ちょっとマザコン?」と語り、「僕自身も母をリスペクトしているので、マザコンと言われてもいいです」と笑みを浮かべた。

左から町田啓太、唐沢寿明、藤木直人

警視庁捜査一課の刑事を演じている小泉孝太郎が、町田との共演シーンのエピソードを聞かれた所「町田くんとのコーヒーを飲むシーンだけは、唯一自分にとってホッとできて穏やかになれるシーンになった」と語った。そのコメントに対し町田は「コーヒー仲間ですからね」と答えた。また「孝太郎さんの笑みを至近距離で見られるなんてご褒美だと思った」と話し、小泉も「こちらのセリフです。そのままお返しします。」と笑いあった。

小泉孝太郎

町田演じる渡辺達哉の母親役・斉藤由貴からのメッセージ動画では「イケメンな息子をもって幸せな毎日を送っています。きちんとお芝居をされる方、役に健やかに自分でエネルギーを注入するタイプの役者さんだと思っています」とコメントを残した。町田は「初めて作品でご一緒したんですけど、初めてとは思えないぐらい2人のシーンがすごく楽しくて、なんでもやっていいんだなと思わせてくれる斉藤さんの感じが僕はすごく好きだったので、そんな風に言ってもらえて嬉しいです」と感謝を伝えていた。

『連続ドラマW フィクサー Season1』メインビジュアル

4月23日(日)初回放送&配信スタート(全5話)[第1話]無料放送
【WOWOWプライム】【WOWOW 4K】【WOWOWオンデマンド】
公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/fixer1/

『連続ドラマW フィクサー Season1』

出演:唐沢寿明 藤木直人 町田啓太 小泉孝太郎 要潤 吉川愛 ⻫藤由貴 駿河太郎/ ⻄田敏行(特別出演)/ 永島敏行 富田靖子 陣内孝則 内田有紀 小林薫

日本を動かすのは、総理か、黒幕か――。唐沢寿明を主演に迎え、連続ドラマW第1弾「パンドラ」の脚本家、井上由美子がフィクサーを主人公に描くオリジナルドラマ。

ある夜、総理大臣を乗せた車が事故に遭い、死亡した運転手には飲酒運転の疑惑が……。さらに、新薬の認可をめぐる密約スキャンダルとの関係性も疑われ始める。そんな中、事故の対応に追われる総理の秘書官・中埜弘輝(藤木直人)に近づくひとりの男がいた――。「フィクサー」とも呼ばれるその男の名

は設楽拳一(唐沢寿明)。拳一は過去にも不祥事をもみ消し、今回の事故直前にも総理と電話で話をしていたのだった。果たしてこれは偶然の事故なのか?欲望がうごめく政界で仕組まれた事件なのか?副総理の須崎一郎(小林薫)は昵懇の仲にある闇のフィクサー、本郷吾一(⻄田敏行)と密談を重ね……。そして、取材に没頭する新聞記者の渡辺達哉(町田啓太)のもとに何者かからタレコミ情報が入る。その後、総理は辞任に追いこまれ、総裁選が幕を開ける――。拳一はキングメーカーとして政治家たちを手玉に取り、権力を掌中にしていく。

     

関連記事

注目記事

新着記事

イベントの記事一覧

カテゴリ一覧