横浜流星「後悔のないように」と新社会人にエール 撮影では共演者も称賛の○○力発揮

2023.3.31 16:30

俳優の横浜流星が30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『ヴィレッジ』 (藤井道人監督、4月21日から公開)の完成披露イベントに、共演の黒木華、一ノ瀬ワタル、奥平大兼、作間龍斗、古田新太らとともに出席。新社会人にエールを送った。

“村”という閉ざされた世界を舞台に、同調圧力、格差社会など、きれいごとだけでは生きていけない人々のリアルな姿を描き出すサスペンス・エンターテインメント。主演の横浜は「こん身の作品が完成しました」と作品の出来栄えに胸を張り、「1人でも多くの方に届くことを願っています」と話した。

左から藤井道人監督、奥平大兼、古田新太、横浜流星、黒木華、一ノ瀬ワタル、作間龍斗

横浜が演じる主人公の片山優は、かつて父親が起こした事件の汚名を背負い、その罪を肩代わりするようにして生きているという役どころ。藤井監督とは6回目のタッグで、横浜は「7年の付き合いで、公私ともにお世話になっているんですけど、藤井組の長編映画では初主演。もちろん毎回、全力で魂を込めてやっていますけど、よりいっそう気合を入れて、今回は参加しましたね」と振り返った。

「集中力がすごい」と横浜流星(左)を称賛する黒木華(右)

幼なじみとして優を支える中井美咲役の黒木は、横浜と共演して感じたことを「本当に集中力がすごくて。ずっと糸をピンと張っていられる方」と明かして称賛。美咲の弟・恵一を演じた作間も「黒木さんが言っていた通り、集中力がすごい。何時間もシリアスなシーンをずっと撮っているんですけど、終わるまで全然、弱音を吐くとかもなく、ずっとピシッとした顔でやっていらっしゃるので、すごいなぁって思いますね」と感服した様子だった。

作品に込めた思いを語る横浜流星

本作の企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを務めた河村光庸さんは、2022年6月に死去。河村さんは、『日本アカデミー賞』の最優秀作品賞に輝いた映画『新聞記者』(2019年)などを手がけたことでも知られる名プロデューサーで、横浜は「本当に河村さんの熱い思いが込められていて、それを藤井監督が脚本にして、僕が体現しましたので、その思いが見てくださる方の心にしっかりと届いてほしいし、温かく受け取ってくださったらうれしいです」と観客に呼びかけた。

また、新成人など新しい場所へ行く人に向けてのアドバイスを求められると、横浜は「僕は常日頃から思っているんですけど、人生は一度きりだし、明日死ぬかもしれない。後悔のないように過ごしたいなって思っているので、皆さんもやりたいことがあったらやればいいし、やりたくなかったらやらない。そういうふうに後悔のないように過ごしてほしいなと思います」と語った。

映画『ヴィレッジ』
2023年4月21日(金)全国公開
配給:KADOKAWA/スターサンズ

出演:横浜流星 黒木華 一ノ瀬ワタル 奥平大兼 作間龍斗 中村獅童 古田新太

美しい自然の裏に潜む現代社会が抱える闇—
ある村を舞台に、一人の男の変化と、社会構造の歪みを浮き彫りにしたヒューマンサスペンス!!
夜霧が幻想的な、とある日本の集落・霞門村(かもんむら)。神秘的な「薪能」の儀式が行われている近くの山には、巨大なゴミの最終処分場がそびえ立つ。幼い頃よりこの村に住んでいる片山優(横浜流星)は、美しい村にとって異彩を放つ、このゴミ処理施設で働いているが、母親が抱えた借金の支払いに追われ、ゴミ処理施設で働く作業員に目をつけられ、希望のない日々を送っていた。そんなある日、幼馴染の美咲が東京から戻ったことをきっかけに物語は大きく動き出す――。

©2023「ヴィレッジ」製作委員会

映画公式サイト:https://village-movie.jp/

関連記事

注目記事

新着記事

映画・舞台の記事一覧

カテゴリ一覧