菅田将暉の短髪坊主姿が話題!宮沢賢治の7つの顔を表現した『銀河鉄道の父』場面写真が解禁!

2023.3.30 18:00

菅田将暉が宮沢賢治を演じる映画『銀河鉄道の父』の場面写真が解禁。菅田将暉が詩人、学生姿、チェロ演奏など様々なシーンを演じた7枚が公開された。

宮沢賢治は中学を卒業後、家業を継ぐことを断固拒否し、父・政次郎に頼み込んで進学するが、興味の対象がたびたび変わる青年。
生活力もなく、父に金を無心するなど、今でいう“ダメ息子”だが、病気になった妹・トシを励ますために童話を書くと、その文才に目覚めていく。

『ミステリと言う勿れ』(2022)での原作主人公そっくりのアフロスタイルなど、出演作ごとに演じるキャラクターとビジュアルがニュースとなる菅田が、本作でも短髪坊主姿のビジュアルが解禁されると大きな話題に。

このたび解禁された場面写真は、少し幼さが残る着物姿やグレーの学生服、妹・トシのために一心不乱に童話を書きしたためる、まさに“詩人・宮沢賢治”を象徴する1枚をはじめ、宗教に信仰した賢治が必死に法華経を唱えるカット、きれいなスーツを身にまといチェロ演奏をするシーンなどを含む計7点。
勉学、人造宝石の商いや宗教、文学に農業に音楽。37年という短い生涯の中で様々なことに挑戦した宮沢賢治の7つの顔を表現する菅田将暉の演技に心が揺さぶられる。

花巻で宮沢賢治の親族にも会うことができたという菅田は「話を聞いていると“やっぱり面白い人だったみたいで!”と話されていました。賢治が多面的なんでしょうね。(賢治の)色々な面のここが良いよねというところが、それぞれいっぱいあります」と宮沢賢治を演じた感想を語った。

本作は宮沢賢治が「ダメ息子だった!」という大胆な視点を軸に、大量の宮沢賢治の資料の中から父・政次郎について書かれた資料をかき集め、究極の家族愛を描いた小説『銀河鉄道の父』(門井慶喜著)を成島出監督が映画化。
父・政次郎を役所広司、長男・賢治を菅田将暉、賢治の妹・トシを森七菜、賢治の弟・清六を豊田裕大、母・イチを坂井真紀、祖父・喜助を田中泯と豪華キャストが演じている。

映画『銀河鉄道の父』は5月5日(金・祝)より全国公開。

画像提供:©2022「銀河鉄道の父」製作委員会

     

関連記事

注目記事

新着記事

映画・舞台の記事一覧

カテゴリ一覧