乃木坂46秋元真夏卒業コンサートレポート②「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」

2023.2.28 20:45

乃木坂46の2代目キャプテン、秋元真夏(29)の卒業コンサートが2月26日、横浜アリーナにて開催された。最後の1期生として11年間乃木坂46を支え続けた秋元真夏のラストコンサートにふさわしく、3時間超えで異例の“トリプルアンコール”を含めた全28曲を全力で披露。感動と笑顔に包まれたコンサートのレポートをentax取材班がお届けする。後編ではサプライズの連続だったアンコールの様子を紹介。メンバーの“秋元愛”、秋元の“乃木坂愛”が止まらない内容になった。

コンサートレポート前編はこちら

Ⓒ乃木坂46LLC

コンサート本編が終わり、「秋元!」「真夏!」というアンコールの声がやまない中、モニターにはこれまでの乃木坂の歩みが映し出された。そして同期の高山一実、松村沙友理、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花から「人を幸せにする笑顔」「とにかく涙もろい」「料理が上手」「頭が良くて何でも上手」「先に卒業しちゃって許してー!」といったボイスメッセージが寄せられ、最後に初代キャプテンの桜井玲香から二代目キャプテン就任時のエピソードが声で届いた。

次期キャプテンに秋元の名前が挙がった際、桜井は「最初は反対しました」と言い、その理由を「同期で年も一つ違いだったから、近い将来卒業のタイミングが来るだろう真夏を(乃木坂に)縛っちゃうんじゃないかな」と考えたことを明かした。しかし、就任の話し合いの中で「私、キャプテンやる! 玲香、やってもいい?」とまっすぐな目で言われたことが印象に残っていると続け、「新しい乃木坂46をつくり上げてくれてありがとう、真夏。そしてお疲れ様、真夏」と、3年半務め上げた2代目キャプテンをねぎらった。

秋元真夏 Ⓒ乃木坂46LLC

そこで、ふんわりしたペールピンクの卒業ドレスを着た秋元が、サプライズメッセージに驚きながら登場。「びっくりしていっぱい泣いちゃった」と目を潤ませながら、「同期がいっぱい卒業して誰よりも見送ってきて、自分が卒業となると何ともいえない気持ち」と言い、続けて両親、マネージャーやスタッフ、秋元康、それぞれに感謝の言葉を述べた。最後にファンに「私を応援していて楽しかったですか?」と問いかけ、「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたいし、乃木坂のキャプテンになりたいです。それくらい大好きな場所でした」と力強く語った。

アンコール1曲目は秋元の卒業曲『僕たちのサヨナラ』。ラストの歌詞「忘れないサヨナラ」を歌いながらあふれる涙。続く『2度目のキスから』では、ライブ初披露という緊張からソロ歌唱で歌詞を間違えるハプニングもあった。

ここで各期の代表メンバーから心を込めたメッセージが。5期生の菅原咲月は5日間のバースデーライブを経験する中で「私たち5期生が1番後輩だけど、先輩に甘えずに自分たちの足で立っていかなくちゃいけない。次にお会いするときには何倍も成長した姿を見せたい」と、何度も涙をこらえながら決意を新たにした。4期生の賀喜遥香は「乃木坂に憧れて入ってきたから、ここにいていいのか苦しくなることもありました。でも、真夏さんは“かっきーがここにいてくれてありがとう”と言ってくださった。これからもその大切な言葉を胸に乃木坂を守っていきたいです」と、秋元の愛情深い言葉をかみしめていた。

3期生の久保史緒里は、1期生、2期生が次々と卒業していく中で秋元が3期生の元へ来て、「私寂しがり屋だから、これからはみんなが側にいてね」と泣いていたことを明かした。そして「私達3期生は真夏さんの笑顔を一生、側で見守ろうと、笑顔で見守ろうと決めていました。だけど……本当に今日(卒業の日)が来たら、“行かないでー!!”って思っちゃいました」と号泣。それでも「これからは真夏さんみたいな優しさをもって、乃木坂をもっともっと強くしていけるようにがんばります」と前を向いた。

秋元真夏から次期キャプテン・梅澤美波への手紙を披露 Ⓒ乃木坂46LLC

「これからは自分ファーストで生きていってほしい」との願いを込めた次期キャプテン・梅澤美波には、秋元からサプライズ。メンバー1人ひとり、全員に手紙を書いた中で「代表して梅に読ましてもらっていい?」と、手紙を読んだ。「キャプテンだから“ああしなきゃ”“こうしなきゃ”って思い過ぎなくて大丈夫です。梅自身が持っている性格と、土台がある時点で、きっとはたから見たらもう十分過ぎるくらいやってくれているし、ちょっとのことではその信頼は崩れません。メンバーにもたくさん頼っていいし、何より“卒業したのに相談するのは申し訳ない”って思ったりせずに、私にも気軽にわからないことは聞いてくれて大丈夫です。もしもそこに気を遣ったら、そこで初めて私が梅に怒ります」と、キャプテン経験者ならではの言葉を贈った。

そしてメンバーに向けても「乃木坂人生最後のお願いがあります」と切り出した。「キャプテンには、どうしても踏ん張らなくちゃいけない時があります。だから、梅のことを絶対に全力で支えてあげてください。辛い時はそばにいて寄り添ってあげてください。これが最後のお願いです。今まで本当にみんな、ありがとう。こんなに尊敬できる後輩に出会えて私は幸せでした」。最後の最後まで後輩を、乃木坂46を思い続ける言葉の数々に、横浜アリーナ全体が感動の涙に包まれた。

Ⓒ乃木坂46LLC

アンコールラストは『乃木坂の詩』。メンバーもサイリウムを秋元カラーに光らせ、暗闇の中で赤とピンクの光が揺れるとステージと客席が一体になった。会場が明るくなると、「真夏さん大好き♡」と書かれたピンクのパネルを客席のファンが全員掲げているのを見て、再び秋元が涙ぐむ。そこで梅澤が「やり残したことはないですか?」とたずねると、「この横浜アリーナにいる皆さん、そして、配信をご覧の皆さんのハートに、ずっきゅん!」と必殺技で締めくくった。

Ⓒ乃木坂46LLC

しかしその後も会場のボルテージは上がったままで、終わらないアンコールの呼びかけに「戻ってきちゃいました!もう1曲やります!」と、ダブルアンコールの『ハウス!』へ突入。歌い終わるとファンからの「えー!(もう終わり?)」という声に「ダメだよ。もっとやりたくなっちゃう……いいのかな?」と、異例のトリプルアンコールへ突入! 客席からのリクエストに応えてこの日2度目となる『ガールズルール』を全力で披露。「これで悔いなく乃木坂46を卒業できます。じゃあね! 皆さん、大好きです。バイバーイ!」と、最後はトレードマークの笑顔で手を振り、11年のアイドル生活にピリオドを打った。

Ⓒ乃木坂46LLC

【秋元真夏Profile】
1993年8月20日生まれ(29歳)埼玉県出身。
乃木坂46 の1期生オーディション合格後、学業で休業。4thシングル『制服のマネキン』から本格的に始動し初選抜入り。31stシングル『ここにはないもの』まで28作連続選抜メンバー入り。『真夏の全国ツアー2019』で、初代キャプテン:桜井玲香からバトンを引き継ぎ、2代目キャプテンとして就任。2月26日をもって乃木坂46を卒業。卒業後はタレントとして芸能活動を続ける。

写真提供:Ⓒ乃木坂46LLC

     

関連記事

注目記事

新着記事

音楽の記事一覧

カテゴリ一覧