有村架純、元風俗嬢役に体当たり「肝の据わり方が心強かった」と監督も称賛

2023.2.23 20:00

俳優の有村架純が23日、都内で行われたNetflix映画『ちひろさん』(今泉力哉監督)の初日舞台あいさつに出席した。

手を振る有村架純(左)と今泉力哉監督

元風俗嬢の主人公・ちひろが、とある海辺の町の小さな弁当店で働きながら、心に傷や悩みを抱えてうまく生きることができない人々と交流するストーリー。約1年前に撮影された作品で、ちひろ役の有村は初日を迎えた感想を聞かれると、「どの映画の公開日でも言っていることがあるんですけど、本当にあっという間です。(公開初日は)“ついこの間まで静岡の焼津市に行ってロケをしていたよなぁ”とか、“風が強かったなぁ”とか思い出す日でもあるのかなぁと思っています」と語った。

ちひろ役について語る有村架純

同名漫画が原作で、ちひろの常識にとらわれない言動が女性を中心とした読者に支持されているという。元風俗嬢であることを隠そうともせず、ひょうひょうと生きるちひろは誰とでも分け隔てなく接するというキャラクターで、有村は演じる難しさを「ここまで役に近づけない、近づかせてもらえない役どころは初めて。これまでは役に寄っていく、もしくは役を引き寄せるようなアプローチで撮影させていただいたんですけど、自分が近づくと(ちひろという役が)離れて、近づくと離れて、何か磁石のようにくっつけない感覚が最後までありました。“ちひろ”というよりは“ちひろさん”という感じがしっくりくるような特別な存在でした」と表現した。

司会者に「有村さん以外のちひろさんは違うんじゃないかなと思うのですが…」と適役ぶりを褒められると、有村は「いや、もっとほかに(候補者が)いたんじゃないかな?」と冗談交じりに答え、「でも、役目を果たしたかったので、懸命に撮影の日々を過ごしました」と、つけ加えた。

撮影を「充実した時間でした」と振り返る有村架純

有村と今泉監督は、ドラマ『有村架純の撮休』のほか、CMで一緒に仕事をした経験があるという。今泉監督の印象を聞かれると、有村は「『撮休』は2日間しかなくて、あっという間に終わってしまったので、今泉さんがどういう撮り方の人かというのは、“長回しする方なんだ”っていうことだけしか印象になかった」と笑いながら告白。そのため今作の撮影前は「1個間違えると全部、やり直しになる」と覚悟をして現場に行ったそうだが、「意外としっかりカットがあって、今泉さんが欲しい画だったり、アングル違い、サイズ違いだったりをいろいろ試すじゃないけど、可能性を持っておきたい方なのかなと思って。私も回数を重ねるごとになじんでくる。それがいい時もあれば、悪い時もあるんですけど、そうやって自然とちひろさんのシーンが体に染みてくる感じがして、充実した時間でした」と振り返った。

今泉監督も、改めて俳優としての有村を絶賛。「海辺なので、風が強くて。“天気はいいけど、今日は撮影をやめようか?”って言うくらい風が強い日に、風がよけられる場所を見つけて撮影しているんですけど、それでも風が強いから“本当に申し訳ないけど、髪の毛を(首と肩あたりで)挟んでお芝居してもらえますか?”って言ったら、“あ、分かりました”って。その辺の肝の据わり方というか臨機応変さは心強かった」と話した。

     

関連記事

注目記事

新着記事

映画・舞台の記事一覧

カテゴリ一覧