『宇宙戦艦ヤマト』の漫画家・松本零士さん死去 “遠く時の輪の接する処で、また巡り会える”

2023.2.20 16:00

『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』など数々の作品で知られる、漫画家の松本零士さん85歳が2月13日、急性心不全のために亡くなった。

松本零士さんが所属する零時社・代表取締役で長女の松本摩紀子さんがHPを通じてコメントを発表した。

(以下、全文)
漫画家 松本零士が2023年2月13日都内病院にて星の海に旅立ちました 享年85です 告別式は近親者のみで既に執り行いました

漫画家として物語を描き続けることに思いを馳せ駆け抜けた幸せな人生だったと思います
「遠く時の輪の接する処で、また巡り会える」と松本は常々申しておりました
私たちもその言葉を信じその日を楽しみにしています

これまで応援くださいましたファンの皆様 作品を世に送り出してくださいました関係各社の皆様 お世話になりました各自治体ならびに各団体の皆様 若かりし頃から共に切磋琢磨してくださった漫画家の先生方 そして旅立ちにあたりサポートしてくださいました病院の皆様 心より深く感謝申し上げます 本当にありがとうございました

恐れ入りますが香典・供花・弔電はご遠慮させていただき 供花・弔電については後日開催予定のお別れの会にてお受けさせていただきます
尚 お別れの会の詳細につきましては未定となっております

2023年2月20日
株式会社零時社 代表取締役 松本摩紀子

写真:零時社公式Twitter

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories