なにわ男子・高橋恭平 学生時代のモテエピソードを明かす「中学生のバレンタインはピークで40個くらい」

2023.2.14 18:30

【ZIP!×entax】

なにわ男子の高橋恭平と、俳優の畑芽育が、来月公開の映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』のイベントに登場。その様子が14日の日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』で放送された。

本作は、高橋演じる学校イチのモテ男・千輝(ちぎら)と、畑演じるヒロイン・真綾が秘密の“片思いごっこ”をするラブストーリー。主演の高橋と畑は、都内の女子高校で行われた公開直前バレンタインイベントにサプライズで登場すると、会場からは大歓声が沸き起こった。

イベントにサプライズ登場した高橋恭平と畑芽育

イベントでは、高橋と畑が、生徒の恋の悩み相談に答える企画を実施。ジャニーズファンの生徒からは「ジャニーズを好きすぎて理想が高いので、現実の男性に恋ができません。恭平くん、大好きって言ってほしいです」とまさかのリクエスト。高橋は「僕らを好きでいてくれるままでいいんじゃないですか? それで今が楽しければ、僕らは本望なのかな」とアドバイス。さらに、生徒の名前付きで「大好きだよ」と照れながら言うと、会場は大絶叫した。

また、バレンタインの思い出を聞かれた高橋は「僕が1番モテ期だったのは中学生の頃だったので、中学生の頃のバレンタインは(チョコが)机の上にダーっとあって、ロッカーにガッと入っていた。ピークで40くらいですかね」とモテエピソードを披露した。

写真提供:(C)日テレ

関連記事

注目記事

新着記事

イベントの記事一覧

カテゴリ一覧