KAT-TUN上田の悲しい告白にさんま絶句 「もっとメンバー同士興味があったら、まだ6人だったのかな」

2023.2.14 21:00

KAT-TUNの上田竜也が14日放送の『踊る!さんま御殿!!』に出演。楽屋でのメンバーとの交流について語った。

普段からボクシングのトレーニングをして体を鍛えているという上田。「ジャニーズ最強になりたいなと思って」という上田に、明石家さんまは「ずっと嫌なことあったん? グループで」と質問。パンチを出しながら「打つ時はカトゥーン!カトゥーン!とか言うの?」とボケて、上田を苦笑いさせた。

■メンバーは「誰も俺に興味ない」 しかし上田は…

体を鍛えていることについて、さんまは「楽屋でメンバーと着替えるやんか。みんな“すげえなあ”とか言うの?」とさらに質問。すると上田「いや、誰も俺に興味ないですよね」「(グループを)20年以上やってるんで、メンバーの体とか興味ないじゃないですか」との答え。

しかし上田、そのあとしばらく他の出演者のトークが進んでいる間も、さんまとのその会話が頭をよぎっていたよう。全く違う話題が進んでいる中、「全然関係ない話していいですか?」と、それを遮って話そうとする上田。「あかん、あかん」とさんまに制止されるも、それでも話し続けた。

そして上田は、「もし、もっとその時、メンバー同士興味があったら、まだ6人だったのかなって、ちょっと考えるんですよ」と本音をポロリ。この言葉にスタジオは騒然。「寂しすぎる!」「その告白は寂しすぎる!」と驚きを隠せない共演者とともに、さんまもテーブルに突っ伏して笑うしかなかった。

【TVer】最新話を無料配信中!


写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧