北山宏光 ソロデビュー曲初披露にファン涙 歌詞制作は「パズルみたいで楽しい!」

2024.2.4 18:30

昨年9月に『TOBE』に移籍した、歌手で俳優の北山宏光が2月2日深夜放送の『バズリズム02』に出演。ソロデビュー曲『乱心-RANSHIN-』をテレビで初披露した。

北山はスタジオに集まったファンに「曲を出させてもらってみんなの前で披露するのは今日が初です。レッスン生の子で初めてステージに出る子もいるから多分そこで震えていると思う」と話すと、バックダンサーを務めるレッスン生を呼び込みソロデビュー曲『乱心-RANSHIN-』を披露。北山の音楽活動を待ち望んでいたファンは歌唱が終わると涙を流していた。

今回披露したソロデビュー曲は北山が作詞を担当。また昨年12月にリリースしたセカンドシングル『JOKER』もUNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介と共同で歌詞を制作したのだそう。

ソロになってから楽曲制作にも積極的に参加しているという北山は、CDジャケット撮影時の写真をMCのバカリズムに見せると「こういう写真も全部自分でチェックしていく。撮ったやつを全部見る。曲もそうですね」と語ると、「歌詞を書くことが多くて、過去にノートにためていた言葉を引っ張り出して、それに対して今思うことを肉付けしている」と明かした。

中学校の頃からノートなどに言葉を書きためていたといい、「携帯でメモするようになってからは、先輩に言ってもらった言葉とか、感動した言葉をメモしたり。当時のメンバーが言った面白いこととかをメモしたり。(書きためてきたものを見て)これって今は出てこないかもっていうものがあったりすると肉付けしたり。パズルみたいで楽しいですよ」と熱く語った。

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧