INIメンバーが初めてづくしの体験談を告白…『2022年3大ニュース』を振り返る

2022.12.3 08:00

11人組グローバルボーイズグループINIが2日深夜放送の『バズリズム02』に出演。メンバーが『INI 2022年3大ニュース』と題し、今年体験した初めてづくしのニュースを振り返った。

最初のニュースは『公約実行』。リーダーの木村柾哉(きむら・まさや)が、オーディションの時に掲げていたという“デビュー公約”について話を切り出した。その公約は「富士山に登って、グループの成功祈願をする」というもの。今年、メンバーの後藤威尊(ごとう・たける)、許豊凡(しゅう・ふぇんふぁん)と一緒に、初めての富士登山に挑戦。途中山小屋に泊まりながらというハードなスケジュールの中、無事登頂し、公約を実行したことを明かした。

続いてのニュースは『初めての京都旅行』。大阪府出身のメンバー・後藤威尊が「1人で歩き回るのが好きなので、そういえば行ったことないなと思って、いろいろ調べて満喫してきました」とプライベートで、初めての京都ひとり旅を楽しんだという。

最後は『初めての始球式』。メンバーの田島将吾(たじま・しょうご)は今年、北海道日本ハムファイターズの応援として、初めて東京ドームで始球式を務めた時のエピソードを振り返った。MCのバカリズムが「(野球)やってたんですか?」と尋ねると、田島は「小学校の頃にやっていて。でも久しぶりだったので、結構練習して挑みました」とコメント。するとメンバーの西洸人(にし・ひろと)が「(始球式の)前日、コンビニに行こうとして、公園を通ったら、公園で親父とキャッチボールしてました」と、偶然にも、田島が父親と練習していた姿を目撃したと茶目っ気たっぷりに語った。

始球式では緊張で足が震えてしまい「これはヤバイ」と思いながらも、練習が実を結び、見事ストライクとなる投球を披露できたという田島。最後は“BIGBOSS”こと、北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督から始球式で投げたボールを手渡され、「“ナイスピッチング”って言ってくださいました」と笑顔で答え、INIの今年の3大ニュースを締めくくった。

写真提供:(C)NTV

関連記事

新着記事

音楽の記事一覧